酸素ハウスのこと

もし福と同じような病気の子に参考になればと思います。

今回、福の病気で一番不安に思ったのが呼吸です。

しんどくなった時に備えて「酸素ハウス」をレンタルしました。

会社によってハウスの形は違うのですが、
うちがレンタルしたのは「メディアプラネット」という所のものでビニールハウスになっていました。
入口はビニールがのれんの様になっているので自由に出入りできる仕組みになっています。
酸素を発生させる装置はかなり音がうるさいです。
それに装置から出る空気は熱があります。
冬に使用するのであれば暖かくていいと思いますが、暑い時期の使用でしたら
室内の冷房を寒いくらいに設定したほうがいいです。
ビニールハウスの中は室内よりも温度が高くなるので凍らせたペットボトルを入れていると少し涼しくなりました。

そして肝心なのが犬がそこに入るか?ということなのですが、福は足腰が弱ってしまったわけではなかったので出たり入ったり、していました。
下半身だけハウスに入って、顔を外に出してた事も何度もありました(笑)意味ないや~ん

でも何かで興奮して少し呼吸が荒くチアノーゼ気味になった時は入っていると楽になって
寝ていましたし、舌の色もすぐにピンク色になっていました。

結果から言うと、使用に多少の不便はありますが、本人は楽に過ごせました。

レンタル料金は1ヶ月で42,720円(配送料含む)でした。
福は借りてから10日後に亡くなったのですが初めに1ヶ月で契約したので残りの日数分は戻りません。

何社かあるので特徴や料金も違うと思いますが、備えていれば安心に過ごせるのでいいと思います。

b0180433_1383244.jpg


届いたすぐ、「入ってみたよお母さん、どう?」と言う顔
[PR]
Commented by るる at 2015-09-28 09:22 x
こんにちは。 毎日 ブログの、ふくたんね 写真をなでなでしています。
会った事がないのに、 福ちゃんが、愛おしくって。

大切な、我が子。 今のルンさんの胸の中は、、と思うと、涙が溢れてしまい
メールできませんでした。

福ちゃん 本当に 最後まで親孝行でしたね。賞状あげたいくらい。
前日まで、元気そうなのに。
苦しまなかったのは、ルンさん家族が、大好きで、幸せだったからでしょう。
私も苦しまなかった
と 聞いて、救われました。

お星さまに、なった、 福ちゃん
だあい好きだよ。

るんさん、 いっぱい 泣いてあげてね。

Mr,Childran の しるし 聞いて
福ちゃんの事を 思い 泣きました。

聞いてみてください。
Commented by abogado-suki at 2015-09-28 18:45
るるさん、こんにちは、
お気遣いありがとうございます。
朝は「おはよう福」「行ってくるね福」
夕方は「ただいま福」「おやすみ福」と自然と呼びかけています。
最期に京都に行った時、大原の朝市で買った「みょうが」が冷蔵庫に残っていて
それを見ただけでも「これ買ったとき福元気やったなぁ・・」とか思うと
みょうが見て泣いている変な人になっていたりします(泣)

大好きな福はずっと私の胸の中にいます。
ミスチルの歌ジ~ンとしますね、
中島みゆきの「糸」も泣けます・・





Commented by るる at 2015-09-29 00:43 x
ふくたん そちらからは、お月様見えましたか?
きれいだったね。 お星さまを 見ては、
ふくたんかな? って思ってるよ。

スーパームーン みごとですね。
じーっと 空見上げてました。

大原 の里に 行かれたんでしょうか?
大原の里だったら、私達も常連
20日前にも行きましたよ。 つきたてお餅がおいしいですね。

みようが のお漬物。 のお話
思い出しますよね。 変な人では、ないですよ。
泣けるのは、当然です。
ふくたん また ぼくを、思い出した!って 喜んでますよ。

糸も、大好きな歌です。 (;_;)

ふくたん の 飛行犬の写真 いきいき
かっこいいですね!!
男前!
Commented by abogado-suki at 2015-09-30 11:10
るるさん、こんにちは、
お月様綺麗でしたね、
昨日は福がお世話になった病院の先生から
お手紙が届きました。
「何もできなかったけど福の身の上の事を
考えると私に看取られて幸せだったと思います。」
と綴られていました。
安楽死であれ、自然死であれ
これで良かったと言う思いにはならないけど、先生の手紙でまた救われた気がしました。
なかなか強烈な子だったので今も気配を
感じます。
今頃、天国で走り回っているかな?
by abogado-suki | 2015-09-26 13:26 | | Comments(4)

お出掛け、ハンドメイド、何でも 紹介!私の生活。


by abogado-suki