隨心院の椿 京都市山科区

城南宮から隨心院を回って帰りました。 こちらは 小野小町ゆかりのお寺です。
時間がなかったので中には入りませんでしたが、小野梅園の梅はまだつぼみが固く、これからといった感じでした。 
白壁の向こうに大きな椿の木がありました。とても美しかったです。 
今度はゆっくり拝観して小町伝説を知りたいと思いました♪
b0180433_2150550.jpg

b0180433_21502160.jpg

b0180433_2150359.jpg

b0180433_21504875.jpg


    ほんとうに美女だったかは定かではありませんが、小町の歌はかわいい女性の歌だと感じますね♪

               思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

      あの人のことを想いながら寝たから、夢にあの人が出てきたのだろうか。
                       もし夢だとわかっていたなら、目を覚まさなかったのに・・・


    そして恋多き美女も老いには勝てなかったようで・・・・どの時代も共通の悩みです・・・・

     

                 花の色は 移りにけりな いたづらに我が身世にふる ながめせしまに

 

 
[PR]
by abogado-suki | 2011-03-01 21:58 | 植物 | Comments(0)

お出掛け、ハンドメイド、何でも 紹介!私の生活。


by abogado-suki